【蝶野正洋の現在の活動は?息子の画像もあり!意外な親戚?】 | 芸能、スポーツなどちょっとだけマニアックなブログ

【蝶野正洋の現在の活動は?息子の画像もあり!意外な親戚?】

Sponsord Link

さて、年末年始の某番組でレギュラーと言っても過言ではないだろうこの人↓



まさに立ってるだけで存在感抜群、黒のカリスマというべき存在である。



【来歴】
Wikipediaからの引用↓

大手製紙会社のサラリーマンであった父親の赴任先であるワシントン州シアトルで生まれ、2歳で帰国し、川崎市多摩区、東京都渋谷区を経て三鷹市で育った。東京都立永山高等学校ではサッカーと暴走行為に明け暮れ、その後「親が大学に行けとうるさいから」との理由で2浪した後に神奈川大学に進学するが、同時期に受けた新日本プロレスの新弟子試験に合格。大学に籍を置いたまま入門し、後に中退した。1984年4月に新日本プロレスへ入門し、同年10月に埼玉県で行われた興行でプロデビューした(初戦の相手は同じくデビュー戦の武藤敬司)[2]。1987年の第3回ヤングライオン杯で橋本真也を破り優勝した。

プロレスラーは柔道やレスリングなどの下地がある人が多いイメージがある。
武藤選手も橋本選手も両方とも格闘技(柔道)の下地があるが、
蝶野選手に関しては、帰国子女でサッカーと喧嘩のみで格闘技経験はなしで、
いきなり優勝したのはすごいというしかない。


もちろん上記のような結果を出したことももすごいが、この世界に入ろうとすること自体相当な勇気だと思う。

そういえば最近元ドイツ代表のゴールキーパーがプロレスに転向したという話を聞いた。

ティム・ヴィーゼ選手BEFORE↓



ティム・ヴィーゼ選手AFTER↓


まぁ「男のロマン」というやつか。。。

かくしてnwoジャパンTEAM2000を経て蝶野選手は確固たる地位を築き上げることになる。



【現在は?】
2010年1月末に新日本プロレスを退団し、それ以降個人事務所:アリストリスト所属としてフリーランスのプロレスラーとして活動しているという。

ちなみにアリストリストとは。。。。
公式HPによると上流階級と庶民、若い方と年配の方、男性と女性、「全てに分け隔てはない」ということをコンセプトに、
夫人のマルティーナさんと蝶野選手と二人で始めたブランド
で主に奥様のデザインが基本なのだとか。



レスラーとして首や膝を酷使してきているようなので、以前のようなプロレスメインの活動は難しいだろうが、
この分だと十分にやっていけそうな気がする。

本人もインタビューでこう語っているという↓

歳も50の大台に乗りましたし、これからの人生を本気で考える時になっている。先輩の猪木さんをみても70になっても国のために頑張っているしね。自分としても気が引き締まるし、もう一発勝負しなきゃいけないって思いますよ

アリストリストは原宿の方に本社兼直営販売店があるらしので、今度見に行ってみようかなぁ。

【息子】





ドイツ人の奥さんとのハーフだがどことなく面影が。。。

長男に関しては小学校1年生だがすでに身長150CMを超えており、その体格を生かして柔道を習っているのだとか。

150CMって6年生でも通用する身長だ。

何とも末恐ろしいというか将来有望と言うか、そんな存在である。

【意外な親戚?】

なんと意外な親戚がいることがわかった。

ドリカムの主題歌で有名な映画「未来予想図」の監督、蝶野博さんである。

未来予想図


蝶野博監督↓


蝶野博監督の父の兄の息子が蝶野正洋選手、つまりいとこと言う関係にあたるのだという。

どうなんだろう、親戚づきあいとかしていたのだろうか?
でもその頃は蝶野選手もグレてたからそんなには会っていないのかな?
余りインタビューでもそれ以上の事は聞かないのでわからないのだが。

何とまぁすごい偶然ではあるが、アリストリストがスポンサーで映画を制作し蝶野選手が出演、
なんてことも期待してしまうのである。


Sponsord Link

こちらの記事もどうぞ

この記事へのコメント

芸能、スポーツなどちょっとだけマニアックなブログ TOP » 未分類 » 【蝶野正洋の現在の活動は?息子の画像もあり!意外な親戚?】

FXの口座開設